佐倉前線北上中

佐倉前線という人の考え方がわかるブログ

佐倉前線直伝!動画の作り方!

どうも、佐倉前線です。更新が遅くなって申し訳ありません。お詫びといってはなんですが、今回は私の動画の作り方やテクニックを説明しようと思います。こんな自称中堅作者の意見でも参考にしていただければ幸いです。

やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このタイトルを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、この記事を立てたんだ。

じゃあ、注文を聞こうか

 

 

 

あ、釣りです。悪気はなくはなかった。

完全に放置してました。そもそもブログを書く優先度が圧倒的に低いんですね、私自称動画作者ですし。

さて私は20↑の人間なのですが、ネットに浸かり始めたのは13歳14歳辺りなんですね。行動力が低い性格だったこともあってネットに黒歴史は流していなかったのですが、当時は毎日のようにまとめブログやらニコニコ動画やらをネットサーフィンしていたわけです。いわゆるネット中毒ってやつですね、今も中毒は治ってませんが。

そんなROM専(死語)期間が長かったおかげで4年ほど前に動画を初投稿したりSNSを始めたりしても特に炎上せず炎上案件に躍起にならず、のほほーんとネット生活を過ごせているわけです。「半年ROMれ」の精神大事。半年どころじゃなかったけど。

 

そんな感じで高校も卒業した後から本格参入したことについては自分ではよしとしています。

ただ後悔があるとすれば自分の動画作者としての腕が上がったと思い始めたのがSNSを始めてからなんですよね。実際に同じジャンルの動画を作っている同志(?)の意見を聞けるのは大きいのです。

音声作成や動画作成のテクニックは勿論ですが、一つ例を挙げるなら「収録方法そのもの」ですね。恥ずかしながら2011年から2015年までの間はずっと手持ち録音だったのですが、2015年のオフ会のときに作者の方がピンマイクを使用しているのを見てその存在を知ったのです。それからピンマイクと一脚(もどき)を導入して音質的には大分改善できました。今では当たり前のようなことも実際に人からヒントを貰わないとまあ分からないものだと思いました。

 

つまりは「もっと若い頃から参入していれば動画の腕ももっと上げられたのでは?」という話です。たらればの話をしても仕方ないのですが後悔している点があるならこれですね。尤も前述したROMる話とは相反する部分なので難しいところですが。

 

最近の若い方の動画技術は圧倒的に高くて素晴らしいなと思うわけです。しかもSNSでアドバイスも貰える。いいなあ。

 

こんな記事を見ている方(特に動画作者)がいれば、周りからどんどん技術を吸い取ってほしいです。キャリアがある人からでもアドバイスはもらえます。オタクはそういうものです。

以上!老物の意見でした!!!

キューピー3カ月クッキング

1.音声素材を集めます。この時に動画素材もなるべく集めておくと尚良し。

 

2.作りたい曲と音声素材を決めます。1と前後することもあります。

 

3.音声を作ります。およそ1ヶ月から2ヶ月かかることが多いです。

 

4.音声に合った動画素材を集めます。

 

5.動画を作ります。やる気と妥協度によって作成期間にばらつきが発生します。

 

6.満足度と妥協のハイブリッドにより動画が完成します。

 

 

実際は音声素材を溜めこむだけ溜めておくことが多いので1から2に行くまでが最も長かったりします。あとは順当に5が長くきついです。

最終鬼畜副都心線、神々が愛した京急線で半年弱ぐらいかかっています。その他はもう少し短かったりするかもしれません。

 

なんて時間のかかる趣味なのでしょうか。それでも頭で思い描いたものが形になることが楽しくてたまらないんですよね。

 

私より若い方はもっと時間があると思うので、今自分が一番楽しく遊べることに時間を費やすべきだと思います。将来に差し支えが出ない程度で

 

 

P.S.大津線の動画投稿したので見てね!

www.nicovideo.jp

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------f:id:sakura-zensen:20180227194838j:plain

↑レア行先御陵行き。

f:id:sakura-zensen:20180227195110j:plain

↑駅名が変わって更新されそうな浜大津行き。

f:id:sakura-zensen:20180227195216j:plain

↑なぜか終電で出た臨時幕の京阪山科行き。

 

薬指とはなにか?

どうも、佐倉前線です。

 

突然ですが皆さんは「薬指」についてどれ程ご存知でしょうか。

この文章を読んでいる方が日本語を理解できるホモサピエンスならば、流石に薬指を知らない方はいないかと思われます。特殊な場合を除き、両手両足あわせて4本あるはずです。

 

しかし「薬指」が何かということを言葉で説明できる方はいらっしゃるでしょうか。

まずは辞書を引いてみましょう。

 

くすり‐ゆび【薬指】

親指から数えて4番目の指。~

(出典:デジタル大辞泉小学館))

 

 

では親指とは?

 

おや‐ゆび【親指】

 手足の指で、いちばん太い指。

(出典:デジタル大辞泉小学館))

 

とのことです。

ここから分かることは

薬指は、親指が存在し、かつ間に2つの指が存在して初めて薬指を名乗れる

ということです。

薬指は薬指だけでは薬指を名乗れません。

 

では続いて、

ひとさし‐ゆび【人差(し)指】

手の親指と中指との間の指。

(出典:デジタル大辞泉小学館))

 

人差し指は親指と中指がないと存在できません。

 

なか‐ゆび【中指】

5本の指のまんなかの指。

(出典:デジタル大辞泉小学館))

 

中指は指が5本ないと名乗れません。

 

こ‐ゆび【小指】

 手足のいちばん外側にある、最も小さい指。

(出典:デジタル大辞泉小学館))

 

小指は手足の外側が分かれば他の指の存在は問わないようです。

 

 

とどのつまり何が言いたいか、私たちは当たり前のように日常生活で指を定義づけていますが、その定義は私たちが思う以上に脆く、ぼやけたものなのです。

何かと何かを比べることでしか存在できない、そんなふわっとした存在が私たちの身近なところにいると考えると物の見方が変わってくるかもしれません。

 

 

ただこの記事で何かを伝えたかったわけではなく、思いつきで筆を進めているだけなので粗が目立つと思います。

こんなことに時間を割いてしまってゴメンナサイ👼

 

あと辞書によって説明文が変わっていたりするので真に受けないでくださいね(

特急わかしお臨時停車の放送について確認してみた

お久しぶりです。ブログの更新がなかなかできないのは、力を入れすぎて手がつかないパターンかもしれないと思った佐倉前線です。もう少し気軽に書いていきたいですね。

 

今回のお話は特急わかしお号について。外房線を走っている特急列車です。この特急列車が1年に1度臨時で停車する駅が2つほどあります。

 

ひとつは毎年10月に開催されるブリヂストンオープンゴルフトーナメントが開催される袖ヶ浦カンツリークラブの最寄り駅である鎌取駅

もうひとつは毎年12月に開催されるいすみマラソンが行われる最寄り駅の長者町駅。

 

この2駅が挙げられます。千葉県の放送に興味がある私としては調査せざるを得ませんでした。

 

というわけで早速調査報告を。

 

・鎌取・・・なんと車内自動放送アリ。特急車両の声で「鎌取」「鎌取に停まります」「鎌取です」の放送パーツがありました。

長者町・・・車内自動放送はなし。私が乗った車両の車掌さんから「自動放送に対応していませんが長者町に停まります」との案内がありました。

 

この2駅、どちらも毎年行われるイベントでの臨時停車駅にもかかわらず待遇の差がありますね。個人的には差がわからないのでやや納得のいかない面があります。

ちなみに午後になるとそれぞれ鎌取始発、長者町始発の帰宅用特急が運転されます。しかしながら鎌取行きや長者町行きが運転されることはないので放送鉄的にはあまり旨味はないです。鎌取始発はまさかの蘇我通過、長者町始発は両国行きと運用でいえば面白いところもあるのですが。

 

 

自動放送が対応していないときの放送についてですが、基本的にそのパーツが穴抜けとなって放送されます(※例:「この列車は特急わかしお1号勝浦行きです。次は  」)。その後車掌による補足案内が入ります。

 

木更津で行われるマラソン大会イベントではさざなみ号の木更津行きという列車も運転されますが放送パーツはありません。方向幕はあります。このとき英語放送における「Kisarazu terminal」というパーツがないため木更津到着時に駅名を言わないかなり不親切な放送になっています。普通に「We will soon make a brief stop at Kisarazu」でよかったんじゃないですかね…

 

 

というわけで自動放送目当ての人がいらっしゃるなら鎌取は録りましょう。そんなに混んでないです(

あと気になっているのはわかしお号の太海行き(そもそももう運転されるのか)、さざなみ号の海浜幕張行き(Wikipedia以外のソースが出てこない)くらいですね。

年末年始の房総方面行きATOSパーツも欲しいのですが今年はできなさそうなので誰かよろしく頑張ってください()

 

こんな感じで需要があればブログも続けていきたいですね。

JR錦糸町駅には駅名連呼放送がある…?

f:id:sakura-zensen:20170521115803j:plain

 

思えば最初のきっかけは去年でした。私が総武快速線を使って帰宅中、駅から耳慣れない音が聞こえてきたのです。それは「錦糸町ーーー」と語尾を伸ばす自動放送の声。

 

それまで錦糸町には何度も収録で行ったり、乗り換えで使ったりしていましたが、JRの錦糸町駅で駅名連呼放送を聞いたのははじめて。私自身鉄道放送が好きな人間なので聞いた瞬間違和感を覚えましたが、あまりにも耳慣れない放送に現実を疑ってしまいました。

 

後日、あの放送は本当にあったのか確認のため駅へ向かい少しの間ホームで居座りました。しかし、あの日聞こえてきた駅名連呼放送は聞こえてきません。「あれは気のせいだったか、もしくは亀戸のように一時的に流れただけでたまたま聞けただけだったのか」という風に一人納得し、この件はしばらく頭の片隅に追いやられました。

 

 

時は経ち、今年5月に同じ趣味の方とお話する機会があったので話題のひとつとして前述の話をしたところある種の仮説が立ちました。

 

”特急列車が着いた時だけこの放送が鳴るのでは”という仮説。

 

錦糸町駅には特急しおさいなどの特急列車が停まる駅です。しかしながら特急自体の本数はそれほど多くなく、狙って行かないとお目にかかるのはやや難しいです。ただしそれだけにそう仮定すると滅多に聞けない放送という点で合点がいくのです。

反対に特急が着いた時だけ駅名連呼放送が流れる駅があるといった話は私自身聞いたことがありません。前例がないという点でやや不安を感じました。

 

というわけで実際に検証してみました。

実行日は日曜日、錦糸町駅11:55発の特急しおさい8号東京行き。実際に録音した音声がこちらになります。

 

tmbox.net

 

結果はこの通り鳴りました。断定はできませんが、とりあえず特急列車が来るときは流れるようです。

3番線は総武快速線の上りホームで男声放送が入りますが、4番線の下りホームでは女声放送が流れます。4番線は未検証なので誰か確認してくだs

 

何がともあれこの放送は狙わずに録ることが難しいので、動画なんかでこの放送が使われていたらこの記事のことを少し思い出してみてください。

 

 

 

≪余談≫

最近はやや使える時間が狭まり動画も作れていない現状。まあ今のところ辞めることはないと思うので気長に生きましょう。

REAPER音MAD講座 ~マーカーを使って構成に強くなろう!~

どうも、佐倉前線です。タイトルに「REAPER音MAD講座」などと銘打ったのですが、私は一流作者ではないので少々ビッグマウスだったような気もします。しかしながら今回説明します「マーカーを使った音MAD構成にすゝめ」というのはとっても便利な代物だと思っているので参考にしていただけたらと思います。

 

さて皆さんは音MADを作るにあたってこう思ったことはありませんか?

「尺配分が苦手で曲の後半部分で詰め込み過ぎてしまう」「構成が思いつかない」「だるい」etc...

そんな尺配分に自信のない方に今回オススメする技術がマーカーを使って視覚的に構成を練りやすくする方法です。

 

「さっきから言ってるそのマーカーマーカーってなんだよ茄子野郎」といったような声が聞こえてくるような気がしますがちゃんと順序を追って説明しますのでご安心を。

 

 まずはREAPERを開きましょう。

f:id:sakura-zensen:20170322181711p:plain

 

適当な時間(画面真ん中のアイテムを置くところ)をクリックしてMキーを押してみてください。

こんなのが出ると思います。

f:id:sakura-zensen:20170322182346p:plain

この「1」ってやつです。ちなみに「1」のキーを押すとここに飛んでくれます。

 

このマーカーは何個でも設置可能です(200個を超えても置けました)。

ドラッグすればマーカーを動かすこともできます。マーカーを消したい場合は右クリックから「Remove Marker」で。

 

これで皆さんもマーカーを自由自在におけるようになったわけです。ね、簡単でしょ?

 

 

 

「は?これでどうしろって言うんだよこのカボチャオバケ野郎」といった声が聞こえてきますので次は具体的な使い方について説明しますね。

 

ここでは途中下車シリーズでもメジャーな「Evans」を例にして説明を進めます。

f:id:sakura-zensen:20170322184405p:plain

BPMはあらかじめ185に合わせておきます)

 

とりあえず曲を聞いてみましょう。

約24秒付近のところです。そこより以前が序章で、24秒付近から曲調が変わっているのがお分かりいただけるでしょうか。そこにマーカーを置きます。

f:id:sakura-zensen:20170322184822p:plain

(だいたいここら辺)

 

次に45秒付近。Evans特有の「テッテッテッテテテ…」ってところですね。わかりやすいと思います。そこに2つ目のマーカーを置きましょう。

f:id:sakura-zensen:20170322190513p:plain

 

それで次のマーカーなんですけど候補が2つありまして、「テテテテテ…シュゥゥゥン」が終わった59秒付近か、その1小節(単位がわからない)後のサビのはじまり1分1秒付近かになります。どちらがいいかは個人の裁量でどうぞ。

f:id:sakura-zensen:20170322191524p:plain

(今回は上記の説明のために2ヶ所置きました)

 

 1分21秒付近。おおよそ要領はわかってきたと思います。

f:id:sakura-zensen:20170322192554p:plain

 

そして1分32秒付近、ラストのサビの直前にマーカーを置いて完成です!

f:id:sakura-zensen:20170322192743p:plain

(とりあえずこれで完成。もっと細かく分けてもよい)

 

 

「とりあえず言われた通りにマーカー置いたけどこれでどうすんの?」という声が云々かんぬん

こうやって曲調が変わる部分を目に見えるようにわかりやすくすることで、構成を練りやすくなるのです!(n回目)

 

 もう少し具体的に説明しましょう。例えばEvansを原曲に、特別快速館山行きの放送で音MADを作りたいとしますよね。マーカーを置いて構成を練るとこのように分けられるのです。

f:id:sakura-zensen:20170322193848p:plain

(今回一番大事なところ) 

 

どうでしょうか?マーカーを置いて目印をつけたことで動画の構成が楽に浮かびませんか?

あとはこの通りに素材を入れていけば無理なく最後まで音声を作れるというわけです。

 

そしてTateyamansはこんな感じに(動画を見てね)。

f:id:sakura-zensen:20170322194429p:plain

(まあこの作品は曲を途中で切ったので変な感じになっていますが)

 

この方法は私自身オススメです。ただ「こんなキッチリ理詰めしたものより好きにMADMADしたいぜー」って方にはオススメしませんし、そういった音MADには向かないかもしれませんが、少なくともストーリー性のある途中下車MADとかでは便利だと思っています。

初心者はマーカーの数を倍くらいに増やしてみるといいかもしれません。曲調が変わるタイミングは基本的に同じ長さで変わっていくのでやっていればその内慣れるかと。

 

 

私自身ブログでの説明は苦手でわかりにくいとも思っているので質問があればここのコメント欄辺りに書いてくだされば返信できると思います。TwitterはFF外からの通知を切っているので)

 

お役に立てたら下の星マークでも押してくだされば「時間をかけて書いた甲斐があった」と喜びます。

「下総の人」記事作成おめでとう自分!

※今回の記事はナルシスト成分を含みます。ご注意ください。

 

ニコニコ動画では「〇〇の人」というタグが蔓延していて、これはその人の代名詞を充てたものが殆どなのですが、この度「下総の人」というタグがニコニコ大百科において記事が出来ました。

下総の人とは (シモウサノヒトとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

>”一般会員記事作成記事編集依頼スレの依頼より作成(一部修正)”とあることから私の熱烈なファンでもいらっしゃるのでしょうか。

何がともあれこういう形で大百科に登録されるというのはずっと昔からの夢だったのでとても感激です。ありがとうございます。

f:id:sakura-zensen:20170316153326p:plain

大変な途中下車シリーズとは (タイヘンナトチュウゲシャシリーズとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 より。まさかこの欄に入れる日が来るとは…

 

このタグ自体は去年の2月頃に出来ていたのですが1年経って記事が作られるなんて本当思ってませんでした。とりあえず動画の腕がある程度認められたと勝手に思っています。

 

しかしながらこの「○○の人」というタグ、昨今では付けられることが少なくなってきました。仮についても定着はしなかったりすることもしばしば。

どうやら昔のニコニコ動画では動画ページから投稿者名を確認することができなかったようなんですね。そこで視聴者はタグを使って誰が投稿したかわかるようにしたと。初期の人が多いのはそのためですね。

そんな事情なので今ではわざわざそんなことをしなくても誰が投稿したか分かるようになっている以上、「○○の人」と呼ばれることは少なくなっています。時代の流れですね。

 そんな時代の中で「下総の人」なんてタグが作られるとは思っていませんでしたし大百科登録なんて雲の上の存在だと思っていたのですが…いやー何が起こるかはわかりませんね。

 

一応表明しておくと、「○○の人」と名付けられていなくても上手い作者さんは沢山いらっしゃいます。作品のクオリティとは必ずしも比例しないということは確かです。

あくまで昔から動画を見ていた私が「うわーまさかあの頃夢見てたことが本当に」ってなったというお話ですね。私の夢叶いすぎだなぁ…

 

 

こうやって数年後に夢が叶うこともあるので、若い人は急いで功績を求めずとも今自分ができることをじっくり楽しむというのもアリだと思います。

 

以上駄文の自慢でした。