読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐倉前線北上中

佐倉前線という人の考え方がわかるブログ

TATEYAMANDAあとがき(自画自賛編)

大変な途中下車シリーズ 音MAD 動画

わざわざ私のブログなんかまでに足を運んでいるのなら周知の事だとは思いますがこのような動画をアップロードしていました。

www.nicovideo.jp

2141Fさんの音声に動画をつけました。なので今回は動画の話。褒められて伸びるタイプなので自分で自分を褒めていきます。

そういったコンセプトで私自身が気に入っているところを流していきましょう。

 

①「終点館山」

f:id:sakura-zensen:20170213223122p:plain

動画ソフトを開いてはじめに出来た場所ですね。元音声はにんじんしりしりリスペクトでしたっけ?聞いていないので一概には言えませんが。

おそらく最初にここでしっくりくる構成が浮かんでいなかったら動画は完成しなかったと思います。この後ぼかしを入れたのも私的には高評価。

 

②「特別快速の停車駅案内」

f:id:sakura-zensen:20170213224000p:plain

これはおそらく今までの動画にない技法なのではないでしょうか。真ん中3つの四角形と文字などはグループ制御で伸縮。もし4文字の駅名があったらできなかった…

f:id:sakura-zensen:20170213224757p:plain

あらためて見るとグループ制御の使い方をもう少し効率化できそうですね。一回の伸縮をコピー&ペーストすればこんなに中間点を打つ必要もなかったのでは。

ただレイヤーの使い方は整理整頓されていてわかりやすいですね。オリジナリティもあってよし。

 

 ③「なんか立体的なところ」

f:id:sakura-zensen:20170213225144p:plain

グループ制御の簡単な応用。オリジナルではありません。それぞれのシーンを立体的に配置して回すだけ。 この時シーンの「裏面を表示しない」にチェックを入れると視点が上がっていくところで裏面が見えなくなり違和感がなくなります。

f:id:sakura-zensen:20170213225800p:plain

 

④「字がバラバラなところと部分フィルタ」

f:id:sakura-zensen:20170213225931p:plain

文字は「館山内房総武快速線直通特別快速東京」という文字列を「TAバラバラ@TA」というアニメーション効果でバラバラにしています。バラバラすぎて元の文字列を解読するのは困難ですね。

動画は「部分フィルタ」を使って一部だけモノクロ化&ぼかし。これにより見せたいところをより強調することができる…といいな。今後この技法をさらに昇華していきたいです。

 

⑤「蘇我がいっぱい」

f:id:sakura-zensen:20170213230459p:plain

魔理沙は大変なものを盗んでいきました」の「11111…」のところをオマージュしました。やり方を説明するのはややめんどくさいですがこんな感じ。

1.上から下に駅名標を動かす

2.下までいったら「単色化」を使って真っ白に塗りつぶす。

3.「縁取り」を使って細い線で囲う。

4.これをずらしながらコピペして、グループ制御で全てを動かしておしまい!

f:id:sakura-zensen:20170213231151p:plain

(わかんない)

 

⑥「京葉各駅東京行き4番線から39分」

f:id:sakura-zensen:20170213231345p:plain

難しいことはありません。ただこの動画のためだけに音声に合わせてカメラワークを使いました。タイミングは流石に合わなかったので倍速やらなんやら駆使して音声に合わせています。合作ならではの荒業。

ここに限らず、この合作のために用意した動画が様々なところにちりばめられています。やっぱり音声に合わせて動画を用意する方が私の性にあっていますね。

 

⑦「FUNABASHI」

f:id:sakura-zensen:20170214003534p:plain

「西FNOBER」のオマージュ…じゃなくてパクリ。いやギリギリパクリじゃないかも…

他の作者方の手法を使いたい欲が出ました。音声もピッタリでしたしやらざるを得ませんでした。

 

 

私自身が気に入っているところはこんなところでしょうか。

他の作者の音声に動画をつけるという体験は初めてで、精神的にも動画的にも新鮮なものが出来たと思います。改めて音声作者の2141Fさんには感謝の意を示させていただきます。

 

しかし自分が好きなところを連ねていてもただのナルシストになってしまうので、次回あたりに「反省編」として自分が気に入らなかったところを書き出すかもしれません。

それでは次回まで。