佐倉前線北上中

佐倉前線という人の考え方がわかるブログ

「下総の人」記事作成おめでとう自分!

※今回の記事はナルシスト成分を含みます。ご注意ください。

 

ニコニコ動画では「〇〇の人」というタグが蔓延していて、これはその人の代名詞を充てたものが殆どなのですが、この度「下総の人」というタグがニコニコ大百科において記事が出来ました。

下総の人とは (シモウサノヒトとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

>”一般会員記事作成記事編集依頼スレの依頼より作成(一部修正)”とあることから私の熱烈なファンでもいらっしゃるのでしょうか。

何がともあれこういう形で大百科に登録されるというのはずっと昔からの夢だったのでとても感激です。ありがとうございます。

f:id:sakura-zensen:20170316153326p:plain

大変な途中下車シリーズとは (タイヘンナトチュウゲシャシリーズとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 より。まさかこの欄に入れる日が来るとは…

 

このタグ自体は去年の2月頃に出来ていたのですが1年経って記事が作られるなんて本当思ってませんでした。とりあえず動画の腕がある程度認められたと勝手に思っています。

 

しかしながらこの「○○の人」というタグ、昨今では付けられることが少なくなってきました。仮についても定着はしなかったりすることもしばしば。

どうやら昔のニコニコ動画では動画ページから投稿者名を確認することができなかったようなんですね。そこで視聴者はタグを使って誰が投稿したかわかるようにしたと。初期の人が多いのはそのためですね。

そんな事情なので今ではわざわざそんなことをしなくても誰が投稿したか分かるようになっている以上、「○○の人」と呼ばれることは少なくなっています。時代の流れですね。

 そんな時代の中で「下総の人」なんてタグが作られるとは思っていませんでしたし大百科登録なんて雲の上の存在だと思っていたのですが…いやー何が起こるかはわかりませんね。

 

一応表明しておくと、「○○の人」と名付けられていなくても上手い作者さんは沢山いらっしゃいます。作品のクオリティとは必ずしも比例しないということは確かです。

あくまで昔から動画を見ていた私が「うわーまさかあの頃夢見てたことが本当に」ってなったというお話ですね。私の夢叶いすぎだなぁ…

 

 

こうやって数年後に夢が叶うこともあるので、若い人は急いで功績を求めずとも今自分ができることをじっくり楽しむというのもアリだと思います。

 

以上駄文の自慢でした。