佐倉前線北上中

佐倉前線という人の考え方がわかるブログ

特急わかしお臨時停車の放送について確認してみた

お久しぶりです。ブログの更新がなかなかできないのは、力を入れすぎて手がつかないパターンかもしれないと思った佐倉前線です。もう少し気軽に書いていきたいですね。

 

今回のお話は特急わかしお号について。外房線を走っている特急列車です。この特急列車が1年に1度臨時で停車する駅が2つほどあります。

 

ひとつは毎年10月に開催されるブリヂストンオープンゴルフトーナメントが開催される袖ヶ浦カンツリークラブの最寄り駅である鎌取駅

もうひとつは毎年12月に開催されるいすみマラソンが行われる最寄り駅の長者町駅。

 

この2駅が挙げられます。千葉県の放送に興味がある私としては調査せざるを得ませんでした。

 

というわけで早速調査報告を。

 

・鎌取・・・なんと車内自動放送アリ。特急車両の声で「鎌取」「鎌取に停まります」「鎌取です」の放送パーツがありました。

長者町・・・車内自動放送はなし。私が乗った車両の車掌さんから「自動放送に対応していませんが長者町に停まります」との案内がありました。

 

この2駅、どちらも毎年行われるイベントでの臨時停車駅にもかかわらず待遇の差がありますね。個人的には差がわからないのでやや納得のいかない面があります。

ちなみに午後になるとそれぞれ鎌取始発、長者町始発の帰宅用特急が運転されます。しかしながら鎌取行きや長者町行きが運転されることはないので放送鉄的にはあまり旨味はないです。鎌取始発はまさかの蘇我通過、長者町始発は両国行きと運用でいえば面白いところもあるのですが。

 

 

自動放送が対応していないときの放送についてですが、基本的にそのパーツが穴抜けとなって放送されます(※例:「この列車は特急わかしお1号勝浦行きです。次は  」)。その後車掌による補足案内が入ります。

 

木更津で行われるマラソン大会イベントではさざなみ号の木更津行きという列車も運転されますが放送パーツはありません。方向幕はあります。このとき英語放送における「Kisarazu terminal」というパーツがないため木更津到着時に駅名を言わないかなり不親切な放送になっています。普通に「We will soon make a brief stop at Kisarazu」でよかったんじゃないですかね…

 

 

というわけで自動放送目当ての人がいらっしゃるなら鎌取は録りましょう。そんなに混んでないです(

あと気になっているのはわかしお号の太海行き(そもそももう運転されるのか)、さざなみ号の海浜幕張行き(Wikipedia以外のソースが出てこない)くらいですね。

年末年始の房総方面行きATOSパーツも欲しいのですが今年はできなさそうなので誰かよろしく頑張ってください()

 

こんな感じで需要があればブログも続けていきたいですね。