佐倉前線北上中

しっとり自画自賛

廃止なのでムーンライトながらのMADを振り返りたい

佐倉前線です。

ブログを書こう書こうと思っても筆を執ろうとしないダメ人間です。いつもやろうやろうだけ言って何もしない人間にはなりたくない。

 

さて、ムーンライトながらが正式に廃止されるようですね。*1

感染症拡大防止に伴う臨時列車の減少で去年から休止していましたが、いよいよ復活せずに廃止になってしまいましたね。

 

というわけでこの機にムーンライトながらの途中下車動画を振り返ってみましょう。

 

1.M.L.ながらは18キッパー専用列車なのか?最終鬼畜夜行快速ムーンライト・N

www.nicovideo.jp

検索で出てきた最古のムーンライトながらMAD。運転車両が373系だったりともう希少な素材になっていますね。

個人的にはこの動画は私が途中下車にハマるきっかけになった内の1つの動画なので思い入れがあります。同じながらの人の動画だと”オオガキ・ゲーム”の方が有名かもしれませんね。

www.nicovideo.jp

 

2.Scar in the nagara

www.nicovideo.jp

次は落ち着いた曲調での作品です。曲がフェードアウトしてフェードインしていくのが目覚めた感じがしていいですね。ついでにムーンライトながらの解説もあったりして賢くなれた気がします(当社比30%増し)。

これは183系の運用でながらが様々な車両で運行されていた変遷を感じられますね。

 

3.駿河の国の眠らない夜行

www.nicovideo.jp

時は6年ほど経ちこちらの作品。記憶に新しい人も多いでしょうが投稿から2年は経ってます。最近の時の流れ早すぎませんか?

車両は185系になりATOSの声も変わっています。

再生時間2分程度とサクっと安定して見れる動画ですね。

 

4.百里快速と一夜物語

www.nicovideo.jp

大本命。音声もさることながら動画の疾走感がすごい。そして実際に列車に乗っているような臨場感があります。写真、動画選びのセンスが光り輝きすぎて太陽系になってしまった*2

 

 

 

 

こうして見ると数自体は多くないものの量より質といった感じで名作が勢ぞろいって感じですね。個人的には同じ列車でも時期によって車両が変わっていってるのが、こういう動画という形で見れたのが面白かったと思います。

 

今出続けている動画もそのうち貴重な生きた資料になるかもしれませんね。

それでは今回はこの辺りでサヨナラ*

*1:ソースPDF

https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040932.pdf

*2:太陽はともかく太陽系の惑星は光りません

この息苦しい社会にて

世界をパンデミックに陥れたウイルス騒ぎから早10か月。世の中の人々は常にマスクをし、テレワークといった働き方改革が台頭していった。

 

 はじめこそ困惑しながら生活をしてきたが、そのような社会にも慣れてきて人間の適応力は意外と高いということが分かった。

 

今日もマスクをして通勤電車に乗り込み、マスクをしたまま仕事に取り組み、数時間働き帰りの電車に飛び乗る。

 

最寄り駅に着き、駅から歩いてしばらく歩くと周りが閑静な住宅街になる。

 

 

そこで周りに人がいないことを確認してこっそりマスクを外した後、大きく息を吸って深呼吸をする。

 

 

 

ーーーーーー新鮮な空気を吸える、ささやかな喜びを感じる、自分がいる。

 

 

 

2020/11/15

音楽を聴く人、聴かない人

突然ですが、皆さんは好きな曲やアーティストはいますか?私はいません。

私はいません。

一般的には大多数の人がそれなりに好きな曲やアーティストがいて、それをカラオケで歌うんだとか。どこの星の話でしょうか?

 

というわけで気になったので一般的な感性を持っていそうな私の弟*1に「どうやって音楽を探したりしてるの?」と聞いてみました。

 

①キッカケ 

私「まず音楽とかどこから探し出したりしてるの?」

弟「そりゃドラマのEDとかでちょっといいなーって思った曲を調べたりするでしょ?」

 

ダウト。

そもそもドラマやアニメは見ません(ドラマについては嫌っている節もある)し、曲にいいなーって感想を抱いたこともありません。ましてや調べる気持ちなんて1マイクロメートルも思ったことがありません。

でも以前に先輩*2から「普通気になりませんか?」「歌詞とかで検索しますよね?」とかボロボロに煽られたのでこれがこの星での一般解釈なんでしょうね。はあホント。

 

②つながり

私「でもそれだけじゃないでしょ」

弟「そうやって調べてよさげなアーティストいたらその人の他の曲を聴いたりする」

 

はいダウト。

アーティスト単位で調べることなんてしません。そもそもアーティストが同じだと何がいいの。作曲家も同じなの?そもそも歌声とかでよさげとか判断してるの?本当に意味不明。

でも私の中学来の友人も、カラオケで私が歌ってた曲を気に入ってそのアーティストの他の曲も調べ切ってカラオケで歌ってきたからそういうことなんでしょうねぇ。かも歌は上手いし完全に自分の上位互換だわ[罵倒語のため検閲]

 

③結論

弟「ていうか兄貴は何聴いてんの」

私「(下車とは言えないから…)鉄道の放送とか」

弟「それじゃん」

 

それだった。

耳に割く趣味が鉄道の放送で120%満たされている以上、暇な時に普通の音楽を聴くという文化が形成されていなかった。

でもまあ普通に音楽も聴いてる人がいますし、単純に私の興味がないだけなんでしょうね。

曲とか聴いても「これはMADに出来るか」視点でしか捉えてないですし、所謂著名なアーティストの曲はチョメチョメがチョメチョメして厳しい印象がありますし。

 

興味のなさでいえば歌手名=曲名=曲のフレーズが一切頭に浮かびません、繋がりません。宇多田ヒカル西野カナの曲上げてって言われても何も出てきません。

興味を持つ持たないは人の自由、という意見もありますがやっぱり大勢は好きな音楽が何かしらあるんでしょう、そういった疎外感が哀しくなったりするんですね。

 

一般人になりたかった人生だった。

*1:運動部、パリピ、こないだ違反で免停切られてた

*2:性別は女性

3年前の途中下車動画を振り返ってみる

どうも、佐倉前線です。

今回は、私が動画をよく投稿していた2017年頃の動画を振り返ってみて、皆さんと懐かしい気持ちに浸れればなぁと思います。

3年の重みって学生時代とそれ以降でまったく変わりますよね。今を大事に生きたいものです。

それでは早速動画紹介をば。

 

1.Bergamot suite 【オーシャンアロー20th】(2017年1月16日投稿)

www.nicovideo.jp

 

くろしお号の変遷をテーマにしたMAD。

くろしおりさんの動画は色調がとてもすっきりしていて爽やかな印象を受けます。それに加えて動画の動かし方や登場の仕方でしっかりと見応えを感じさせてくれるところがすごいです。

誰がなんと言おうとマイリスト150越えの名作です。

これが3年前です。

 

2.不思議の国のInans(2017年2月20日投稿)

www.nicovideo.jp

 

EastMtさんの名鉄MAD。

音声は急行豊橋行きを岐阜から豊橋まで完走するというものでベーシックかつ王道なスタイルですが聞きごたえが抜群に良いです。1時間は聴ける。

動画についても上空写真を用いるというのが画期的でこの辺りから流行り出した記憶があります。

Evans×鉄道は色褪せないですね。

これが3年前です。

 

3.Eastern express(2017年2月28日投稿)

www.nicovideo.jp

新幹線の駅を各停で進んでいくとんでもない作品。

そのために東北新幹線の様々な列車を使って進んでいく大作。

私はこういう長くて丁寧な作品が大好きなんです。

この1ヶ月後に北海道新幹線が開業したんでしたね。

これが3年前です。

 

4.直通特急に抜かれつつ西へ(2017年2月22日投稿)

www.nicovideo.jp

完走MAD繋がりということでこれも紹介。

こちらは阪神梅田から山陽姫路まで各停で進んでいくこれまたすごい根気の作品。

またネタがそこそこ入っているのもlikeポイント。

死霊の夜桜とAo_toさんの動画が雰囲気マッチングしていていいですね。

これが3年前です。

 

5.Iは神保町(2017年2月23日投稿)

www.nicovideo.jp

青葉急行さんの都営三田線MADです。

まず音合わせがヤバい。語彙足りな過ぎてヤバいとしか形容できないです。

すごいのは広告放送や構内図のところも実写素材を使っているというところ。私なんかはネットに上がっているものを使って誤魔化してしまうので尊敬してしまいます。

写真と動画の量がえげつないんですよね、容量がどうなっていることやら。

これが投稿されたときはタイムラインがこれ一色になっていた記憶があります。

これが3年前です。

 

6.サヨナラ*ギンザ(2017年3月17日投稿)

www.nicovideo.jp

サヨナラ*ヘヴン×01系のMADです。

原曲バージョンのサヨナラ*ヘヴンが涙腺を誘う。

車両ナンバーが消えていく演出はシンプルながら感動しますね。

銀座線にはもう1000系しかいないんですよね。

これが3年前です。

 

7.鶴月花 -やごとRemix-(2017年4月27日投稿)

www.nicovideo.jp

3年経ちましたけどこれを超える動画技術って途中下車だとまだ出てないのではないですか?

もうこれは暴力ですよ。ダブルビッグマック2セット分くらいカロリーの暴力です。

自分の口から言えることがないので次行きます。

 

8.ホクト・ゲーム Hokuto - Game(2017年2月20日投稿)

www.nicovideo.jp

こしがやさんの作品です。

構成が上手というか、常に盛り上がってる中で更に盛り上がる感じがライブ気分(?)

車内放送と駅放送が色々聴けるのが大変な途中下車シリーズの醍醐味だと思います。

これが3年前です。

 

9.Flying Soya(20172年2月06日投稿)

www.nicovideo.jp

おあととさんの宗谷線MADです。

落ち着いた雰囲気の旅情MADはいいですね。

なんで全駅分の写真があるのか、駅訪問に対する熱意が半端ないです。

このくらい素材集めに奔走できれば楽しそうですよねぇ。

これが3年前です。

 

10.caramel shinano【しなの16号】(2017年3月26日投稿)

www.nicovideo.jp

りんかいsuicaさんの大阪しなのMADです。

長距離特急MAD好き。西村ボイスはテンポ早い曲に向いていていいですね。

運用がなくなる列車というのは物理的にいなくなるわけではないのですが、音声がなくなってしまうという面があるので音鉄からすれば死活問題なんですよね。

これが3年前です。

 

 

たまには振り返るのも悪くないものですね。

2020年も既に名作が多く投稿されている現状、7月13日の13周年祭が楽しみです。

・・・13周年?えっ?

 

この記事をシェアして色んな人に紹介した動画を見てもらえたらいいなぁ…

予告

名鉄全駅下車というプロジェクトを始めました。佐倉前線です。

 

というわけで今まで何度も名鉄自体には行っていたのですけど、それまで主体となっていたのが車内放送と駅放送を集めることばかりしていて、そんなことを続けていたらいよいよ昨年で名鉄全線乗車をこなしてしまいました。

しかし名鉄でMAD動画を作るにも写真や動画素材が足りません。そこで私は「全駅下車すれば駅の写真と電車の動画をたくさん集められるのでは?」と考えました。

そして今年から本格的に全駅下車を始めることにしたわけです。

 

名鉄の駅は全部で275個あります。とても多いですね。

一応最も列車の本数が少ないところで30分に1本、ほとんどの駅で15分に1本以上は本数があるのでいわゆるローカル線よりは現実味がある計画だと思います。はたしてどのくらいかかるのか。

 

 

  •  そしてここからが本題。

名鉄の全駅下車をする人はそんなに多くないと思います。更に私は放送を録音する趣味を持つ音鉄です。この2つの条件に当てはまる人は…まあそんなにいないでしょう、多分きっと。

そして名鉄の駅放送は声こそ同じであれ、文面に違いがあったりと種類が多いです。

 

そこで私が実際に現地へ行って調査してきた駅放送事情をこのブログにまとめることで、これから名鉄を録音しようとする人の助けになればと思った次第なのです。

何せ放送鉄は数が少なく、必要な情報が手に入りにくいですからね…皆さんも覚えがあるでしょう、とある駅の放送を知りたくて動画サイトの駅動画を見たりしたのに放送の部分が入っていないことにやきもきした経験が…

 

ただ、私が駅の訪問を重視している以上、全ての駅の上下線放送を調査するというのは難しい話です。他地方民ですしそれこそ日が暮れてしまいます。

なのであくまでこの情報は参考までに、詳細を知りたい人は色々なところから情報を集めていただきたいと思います。

 

 

読みづらい文章が続いたので簡潔にまとめると、

名鉄の全駅下車頑張ります!

・ついでにどんな駅放送か調査してくるのでブログにまとめますね!

以上です!

 

というわけで先ほど実際に調査してきたので、今後しばらくはブログの更新頻度が上がり名鉄の駅放送情報をまとめる感じになると思います。

応援していただければ幸いです。

2019年の挨拶

あけましておめでとうございます。

今年は平成から新しい元号に変わる時代の境目のような年ですね。

 

そんな誰でも書ける前置きはともかく、1月中の私の主な行動をば。

1.年明けは臨時特急「外房初日の出号」の録音

新宿発千倉行きの臨時特急列車を収録しました。実際の初日の出は千倉で乗り換えた内房線の列車内で見ました。そして新年初バズりをしました。

あまり伸びるツイートをする人間ではないので割と新鮮でしたね。ある程度RTをされたところでRTしかしないアカウントばかりにRTされるようになって飽きました。自分のツイートをしないならRTじゃなくてふぁぼだけでいいような気もするのですがそれも個人のエゴですね。

外房初日の出号は外房線から内房線に直通する希少な列車だったので録音できてよかったです。動画への使い道は思いつきませんが。

 

2.初めての北東北旅行

世間的な三連休を使って初めて北東北へ行きました。それまでの最北到達地点が2011年の小牛田駅だったので今更ながら大幅更新になります。青森で昔から聞いていた放送を聞き、弘南鉄道に乗り、(夜中の)三陸鉄道に乗り、1本の特急と3本の新幹線に乗る鉄オタ的ブルジョワ移動をして大満足でした。その中でもやや気合を入れたのが

www.nicovideo.jp

この動画の巡礼です。動画だと5:07発の列車ですが現在では5:00発になっていて早起きしんどかったです👻

青森駅もそうなんですけど動画の巡礼っていいですよね。あの作者もこの列車に乗ってこの景色を見ていたと考えると心躍ります。………という話を実際にしたら引かれた経験があります。

まあ気持ち悪がられてナンボみたいなところがありますから。泣きますけど。

 

3.インフルエンザにかかる

良い子のみんな、予防接種は受けましょうね!!!

 

 

 

最近動画を作っていないので動画作者を名乗れなくなりつつあります。まずいまずい。

今年は…どのくらい出せるかなぁ………今はスマブラが楽しい

締めの言葉が思い浮かばないのでAA貼って終わりますね。

   _/       ─
   |             /    ./  ̄/
   ̄| ̄ ̄          /      ―/
  /    ヤ    _/       _/
                                  /\___/ヽ
    (.`ヽ(`> 、                      /''''''   ''''''::::::\
     `'<`ゝr'フ\                  +  |(●),   、(●)、.:| +
  ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                   |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                 + |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
       \_  、__,.イ\           +     \   `ニニ´  .:::/    +
        (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|
         ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
          \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、
  ___________________________  __
 │  │  │  │  │  │  │  │  │  │一│一│一│九│|九|
 │  │  │  │發│發│發│中│中│中│萬│萬│萬│萬│|萬|

佐倉前線直伝!動画の作り方!

どうも、佐倉前線です。更新が遅くなって申し訳ありません。お詫びといってはなんですが、今回は私の動画の作り方やテクニックを説明しようと思います。こんな自称中堅作者の意見でも参考にしていただければ幸いです。

やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このタイトルを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、この記事を立てたんだ。

じゃあ、注文を聞こうか

 

 

 

あ、釣りです。悪気はなくはなかった。

完全に放置してました。そもそもブログを書く優先度が圧倒的に低いんですね、私自称動画作者ですし。

さて私は20↑の人間なのですが、ネットに浸かり始めたのは13歳14歳辺りなんですね。行動力が低い性格だったこともあってネットに黒歴史は流していなかったのですが、当時は毎日のようにまとめブログやらニコニコ動画やらをネットサーフィンしていたわけです。いわゆるネット中毒ってやつですね、今も中毒は治ってませんが。

そんなROM専(死語)期間が長かったおかげで4年ほど前に動画を初投稿したりSNSを始めたりしても特に炎上せず炎上案件に躍起にならず、のほほーんとネット生活を過ごせているわけです。「半年ROMれ」の精神大事。半年どころじゃなかったけど。

 

そんな感じで高校も卒業した後から本格参入したことについては自分ではよしとしています。

ただ後悔があるとすれば自分の動画作者としての腕が上がったと思い始めたのがSNSを始めてからなんですよね。実際に同じジャンルの動画を作っている同志(?)の意見を聞けるのは大きいのです。

音声作成や動画作成のテクニックは勿論ですが、一つ例を挙げるなら「収録方法そのもの」ですね。恥ずかしながら2011年から2015年までの間はずっと手持ち録音だったのですが、2015年のオフ会のときに作者の方がピンマイクを使用しているのを見てその存在を知ったのです。それからピンマイクと一脚(もどき)を導入して音質的には大分改善できました。今では当たり前のようなことも実際に人からヒントを貰わないとまあ分からないものだと思いました。

 

つまりは「もっと若い頃から参入していれば動画の腕ももっと上げられたのでは?」という話です。たらればの話をしても仕方ないのですが後悔している点があるならこれですね。尤も前述したROMる話とは相反する部分なので難しいところですが。

 

最近の若い方の動画技術は圧倒的に高くて素晴らしいなと思うわけです。しかもSNSでアドバイスも貰える。いいなあ。

 

こんな記事を見ている方(特に動画作者)がいれば、周りからどんどん技術を吸い取ってほしいです。キャリアがある人からでもアドバイスはもらえます。オタクはそういうものです。

以上!老物の意見でした!!!